さよならUBER…(涙がキラリ)


冗談では無い

UBERがないとこの国では

行きて行けないとまで

先日このブログで書いたばかりだ

 

UBERがgrabに吸収されるという

コンドミニアムのカフェで

会った友人同士で

ビックリだね

と話題になった

 

やはり外国人はみな

車を持たないことがほとんどなので

UBERのありがたみは

言い尽くせないほどなのだ

 

実際のところ、

女性の中には

UBERドライバーによる

強盗まがいの事件や

レイプ事件を恐れて

乗るのを辞めた人も

いるにはいる

 

それでもかなりの割合で

マレーシアにおける外国人たちは

友人と連れ立ってUBERに

乗車する機会を増やし続け、

流しのタクシーを

恐れることはあっても

UBERなら安心だ、

というところまで来ていたのだ

 

自分も知らなかったが

それは本当にここ数年の

短い間のことだという

 

UBERドライバーは

タクシー運転手を生業にしていた

人たちに疎まれ、

UBERドライバーだと知られると

ボコボコにされかねないので

お客に助手席に

座るようお願いするなど

当初はかなり苦労もあったという

 

自分の利用して来た

UBERドライバーはみんな

気さくでフレンドリー、

楽しんでこのサービスを

提供してくれていた

 

おそらく彼らは

grabに移行しても同じように

サービスを提供し続け

なんら変わることはないかもしれない

 

でも、今は

なんだか無性に寂しく感じる

 

ドライバーたちは、

実際grabに移って早速

仕事を始めているのかもしれない

 

というのは、金曜の夜、

人がいつも集まっている

ミッドバレーにいるのに、

全然UBERがつかまらなかったからだ

 

4月8日から本格的に

UBERはgrabに切り替えになるらしい

 

それまではしばし、UBERの

ドライブを楽しもう

 

でも、本当に寂しいなぁ

 

この街に来てから2年間

あなたのおかげで

安心していろんな所に行けた

 

本当に大好きで便利で

いつも喜んで利用してた

 

いつも感謝しているよ

 

さよなら、

UBER

 

Martha Kobayashi


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人について

小林雅(まさ)
1967年12月生まれ。
日本人女性
独身
家族:おばあちゃん犬、ダコタ
呼び名:Martha
趣味:ヨガ、ハイキング、スノボ

カテゴリー

ページの先頭へ