チキン、チキン、アフターチキン


マレーシアに来たばかりの時

初めの一年は仕事場の食事が

毎日の食事のメインだった

 

昼の食事もだが、

遅番の仕事の時は

夕食も食べられるので

1日2食は賄える感じだった

 

野菜もたっぷり

生野菜も温野菜も取れて

肉も食べられるので

不満はなかったけれど

一つ疑問だったのが

 

肉料理は必ず鳥がメイン

 

という点だった

 

その職場では三種の肉の中から

一種類選べるようになっていた

でもみな鶏を大抵選んでいるような

印象があった

 

マレーシアの人は

鶏肉好きだとよく聞くが

好きというより無難だから

だろうと思っていた

 

ムスリムは豚を食べないし

インド人は牛を食べない

 

だから自然、鶏肉

魚もあるけど

しっかり加熱するために

揚げ物になるから

みんな鳥の方を選ぶ

 

やっぱり、鶏がすきなんだね

ということになってしまう

 

たまにラムという選択肢もあるが、

独特のニオイがあるので

好みは分かれるところ

 

自分の場合、鶏肉に飽きて

なんとなくラムが出るときは

ラムを頼んでいたら

ラムが好きになった

 

で、鶏肉以外のものがある時は

なんとなく珍しいものを選択、

それを繰り返して一巡していたら

当たり前ながら鶏肉に戻る

のであった

 

そうしてみると、

鶏肉は柔らかくて

どこか日本とは違って

力があるような気もする

 

いずれにしても

やっぱり万国の人に

優しい食べ物という気

がするなあ!

と鶏を見直してしまうのが

マレーシアでの食事なのだ

 

名物のチキンライス(イポー発祥)は

やはり美味しいと思う

マレーシアに来たら

チェーン店のでいいから

絶対一度は食べて欲しい

 

鶏ガラスープの美味しい店は

大抵どこも美味しいけれど

チキンライスの店はどこも

そんなに大差なく美味しいと

感心する

 

胃が疲れたら、

チキンライスの蒸してある方か、

チキンヌードルなんか

いいんじゃないかな

 

と、いつもチキンは

遊びに来た友達には

イチオシのマレー料理に

欠かせないのである

 

 

Martha Kobayashi


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人について

小林雅(まさ)
1967年12月生まれ。
日本人女性
独身
家族:おばあちゃん犬、ダコタ
呼び名:Martha
趣味:ヨガ、ハイキング、スノボ

カテゴリー

ページの先頭へ