走るがいいさ、ツインタワーが見守ってくれてる


RUNに参加すると言えば

 

「日本にいたとき、

走ってたんですか?」

日本人からはそう訊かれる

 

答えは、「いや、全然」

 

マレーシアローカルからは

「私も参加しようかな」

という反応

 

およそ走ることなど

関心がないと思われた

常夏の国の人たち

 

かたや

スレンダーが売りの日本人

 

なのに

 

なぜ日本では

ただ走るだけのことが

こんなにハードルの高い

ことになったのか

 

走るのがしんどくなったら

歩けばいいのだ

走り出したくなったら

また走ればいいのだ

 

マレーシアではどんな

スポーツアクティビティも

すごく参加しやすい

カッコつける必要なんてなくて

好きなようにやればいいのだ

 

だからみんな一緒で

みんな別々

 

違って当たり前だけど

同じ喜びが分かち合える

 

↑これってマレーシアそのものだ

 

そして

運動するって

カラダが喜ぶことの最たるもの

 

いつもは車で恐ろしく混んでる

KLCCの街を

堂々と真ん中、

朝の風を切って走れるなんて

なんてすばらしいことだろう

 

まさか五十路になって

こんなことに

挑戦できると思わなかった

 

マレーシアでそんなことを言えば

みんなに笑われる

「年齢ってただの数字でしょ」

 

でも

やっぱりうれしい

 

10代の子たちと走ったり

しゃべりながら

自分のペースでいけばいいなんて

そんな当たり前のことが

 

 

また参加したい

 

KLCCRG 1st MEGA Group RUN 2018

 

 

 

Martha Kobayashi


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人について

小林雅(まさ)
1967年12月生まれ。
日本人女性
独身
家族:おばあちゃん犬、ダコタ
呼び名:Martha
趣味:ヨガ、ハイキング、スノボ

カテゴリー

ページの先頭へ