美術鑑賞 S.H.E.exhibition @1Utama


常設ではない

 

友人が

誘ってくれて

覗いた

アーティストの

共同ギャラリーが

なんだか

背伸びしてなくて

居心地よくて

意外と楽しく

過ごせてしまった

 

マレーシアでこういう絵が見られるとは

なんとなく思わないではないか

 

ただ、こういうさりげない、主張しない絵が見たいんだ

 

多分中華系の人の絵なんだろうな

こんな絵なら部屋に飾っても

疲れないだろうな、なんて思っていたら

買い手がついていた

 

ワンフロアの壁をぐるりと巡る面白い展示会場

 

女性アーティストだけの展示で

ポップなものもあれば、社会派なものもあって

見ていてワクワクした

 

実はこういう写実的な絵も好きだ

 

この国では自然に咲いてる

チューリップは見られないし、

 

なんだかポップで変に美術を解する

ふりなんかしなくていいところが

こういう展示会のいいところ

 

いいなと思った絵がみんな

売れていたので助かったが、

まだ販売されていたら

また衝動買いをするところだ

危ない危ない

 

そして、今回のメイン

 

なんという好みの絵!

 

日本人の作家さんの大作だ

油絵でとても濃密な、マレーシアの

空気と夜を感じさせて、

それでいてカジュアルな可愛らしさ

があるなんていいじゃないか!

 

しかも、買う気になれば

全然買える値段だった

 

しかし、大きいので、定住地を

持たない自分には絶対いずれ

手放さなくてはならないだろうと

ググっと堪えたのだった

(ただ今、絶賛ビザ申請中)

 

結局、見ただけで終わったが

絵って鑑賞して楽しむものだったよね

と、今更思ういそふらぼんだった

 

 

 

Martha Kobayashi


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人について

小林雅(まさ)
1967年12月生まれ。
日本人女性
独身
家族:おばあちゃん犬、ダコタ
呼び名:Martha
趣味:ヨガ、ハイキング、スノボ

カテゴリー

ページの先頭へ