SAN FRANCISCO COFFEE@マレーシア


あちこちで

見かける

チェーン店

サンフランシスココーヒー

 

初めは

あまりにも

中庸を行く

イメージに

何も

ウリを

感じられず

利用すること

もなかった

 

しかし、いつも人がいっぱいだし

店の前を通った際、目の会う店員さんたちが

なんとなく感じが良いので

 

ケーキがどうしても食べたくなったとき

パソコンを持ち込んで

長居を決め込んでみた

 

先ず、店員さんは何も言わなくても

Wi-Fi使います?と訊いてくれ

レシートにパスワードを

手書きで書いてくれた

 

ここのコーヒーは店飲みだと

大きめのマグカップになみなみと

入れてくれるのだが、

 

日本人が期待するようなシアトル系の

 好みの分かれにくいコーヒーだ

(というかサンフランシスコだっての)

 

そのせいか何度か足を運んでいるが

コーヒーは馴染みが良くて飲みやすく、

 

良くも悪くも普通。でも、それがものすごい安心感につながるのがマレーシアである。

 

ケーキを食べるたびに

「甘いは甘いけどしつこさがない」

と感じるので、ここにくると

ケーキを頼まなければ

という強迫観念にかられてしまう

 

甘いものは女性にとって永遠のファンタジー

 

店は殆どがお一人様のパソコン作業の

お客がほとんどなので

 

長居をしやすく、いつも一人ぼっちの

いそふらぼんにも居心地がいいのが

売りではないかと、今は思う

 

苦すぎる、濃すぎる、

熟睡したい日の昼下がりに飲みたくなる

日本人の胃に優しいコーヒーである

 

 

Martha Kobayashi


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人について

小林雅(まさ)
1967年12月生まれ。
日本人女性
独身
家族:おばあちゃん犬、ダコタ
呼び名:Martha
趣味:ヨガ、ハイキング、スノボ

カテゴリー

ページの先頭へ