Steam Era Seafood Steamboat Restaurant@マレーシア


シーフードを

食べに行くと

いう話を

聞いたとき

 

思わず

「なぜみんな

そんなに

シーフードが

好きなのだろう」

と感じてしまった

 

皆が好きだというカニも

伊勢海老も贅沢品とは思えず、

「皮を剥いて、むしってくれても

食指が動かない・・・」

くらいに考えていた

 

しかし、職場の送迎会ともなれば

参加したいもの

 

場所がブキビンタンというので

あまり馴染みでない賑やかな場所

に出ていくのも苦手な自分は

 

まさかこのレストランが後々

忘れられなくなりそうなほど

満足度が高いことを知るよしもなかった

 

湯気に旨味があると感じさせてくれるほどの美味しい店

 

 

いけすもあり

新鮮な素材を利用していることは

もともと評判だったが

 

フレンドリーなスタッフのサービスも

とても目の行き届くもので

とても好印象だった

 

選ぶコースにもよると思うが

魚やミートボールや肉、野菜、きのこ類と言った

体にいいものを蒸して

 

その蒸しでできたスープで

お粥を作ってくれるのだが

何のソースも調味料もいらないほど

素材の味を楽しめる店だった

 

締めて一人60リンギと言ったところだが

スタッフが蒸し上がった頃に

ものすごくスピーディに各個に

取り分けてくれるので

鍋奉行もいらない気楽な会合になる

 

容器の下からスープが落ちて、複数の素材の味が合わさってゆく…

 

ビールが足りなくなると

どんどんつぎに来てくれるが

それに一人10リンギ払ったかくらいの

リーズナブルプライスだ

 

味の濃い料理や胃腸に持たれる油ものに

うんざりしていた自分は

思いがけずパーティ料理で

大いに癒やされることになった

 

薬味も豊富で十種類くらいあるが、調味料いらないくらい美味しい

 

締めのおかゆも言うに及ばず

誰一人として何かを残したり

食べられないものなどなく

終始「おいしいおいしい」と

新しい発見ができる夢のレストランであった

 

 

https://goo.gl/maps/562Qdu421i4vmYLP6

 

Martha Kobayashi


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人について

小林雅(まさ)
1967年12月生まれ。
日本人女性
独身
家族:おばあちゃん犬、ダコタ
呼び名:Martha
趣味:ヨガ、ハイキング、スノボ

カテゴリー

ページの先頭へ