Timothy@Pasar Seni マレーシア


Timothy‘s

見るからに

自分の

好みの店

 

古びた

建物を

改装して

 

明るい色の

ペンキで

塗ったりして

 

可愛らしく

しつらえてある

 

店を外から覗いていただけで

フレンドリーに声をかけて

くれただけでも

ポイントは高かったが

 

中に通してもらうと

なんだか自分家の庭を見ながら

食事したりお茶してる感じだ

 

この店に訪れたころ

 

私は犬の癌がもうどう足掻いても

治らないことをわかっていて

 

治らないなりに

残りの生活をいかに

過ごさせてやるかを

日々の課題にしていた

 

そんな中、銀行に出かけて

行かなくてはならなくて

 

部屋で待っている犬のことを

どこにいても考えていて

 

どうしたら喜ばせてやれるか

食欲を湧かせてやれるのか

 

そんなふうに絶え間なく

ヒントを探していた

 

人間の考える居心地の良さとはこの頃はかけ離れた行動をとっていた

 

それまではクッションの上に

きれいに収まって寝たり

ベッドの上で寝ていたものが

 

何も無い床で寝そべるのが

楽になっていたり

 

暑いのか寒いのか

体を横たえているのが

唯一の楽な姿勢になっていた

 

そんな彼女を見ていて

叶うはずもないのに

プールで泳がせてやりたいと

心から望んだり

 

そんな夢想をさせてくれた

可愛らしいカフェがここだった

 

ホテルも兼ねているのだろう、かわいいサイズのプール付

 

日本文化が好きなのか、

食事の内容も丼のようなものが

いくつかあって、どこか

ウェスタンでもあった

 

ご飯が硬めだったらよかったな・・

 

ケーキもインテリアも日本で提供されるより満足感が高いと最近は思う

 

こういう内装に心惹かれる

 

雑味はあるけどコーヒーも美味しかった

 

小物も照明も好みである

 

素敵な場所だなと思うと恋人より何より、あの子を連れて来たかったなと思う

 

入り口付近

 

場所柄安い店ではないけれど、満足できる質と雰囲気を提供している

 

 

 

 

Martha Kobayashi


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人について

小林雅(まさ)
1967年12月生まれ。
日本人女性
独身
家族:おばあちゃん犬、ダコタ
呼び名:Martha
趣味:ヨガ、ハイキング、スノボ

カテゴリー

ページの先頭へ